企業研修講師派遣のBESTグループ
出張パソコン教室ITスクール
webコンサルティングスクール
パソコンの家庭教師BEST

Home Excel(エクセル) YEAR関数・TODAY関数|Excel(エクセル)

0 2593

Q:エクセルで年齢から生まれ年を調べる関数を教えてください。

講習会などで、「エクセルで年齢から生まれ年を調べる関数は?」
といったご質問を受けることがあります。

基準となる年月が決まっていて、そこから年齢や勤続年数を求めるのではなく、年齢や勤続年数がわかっているときに、その基準となる年を求めたいという要望です。年齢なら生まれた年、勤続年数なら入社年を求めたいという要望です。

年齢から生まれた年を求める直接の関数は存在していませんが、今日の日付を求めるTODAY関数と、日付データから年だけを取得するYEAR関数を使うと、年齢から生まれた年を調

べることは可能です。

▼操作手順:年齢から生まれ年を求める
※A1セルに年齢が入力されているときにB列に生まれた年を表示する例
B1セルに
「=YEAR(TODAY())-A1」
という数式を入力する

「=YEAR(TODAY())-A1」の前半の「YEAR(TODAY())」を例えば、2010年6月16日に、実行すると、今日の日付の年だけが取得できて「2010」という数値が得られます。

そこからA1セルに入力されている現在の年齢をマイナスすれば、生まれた年「1990」が求められるというわけです。

1989年12月31日に生まれた人だって2010年6月16日現在は20歳です。上記の例で「1990」ではなく「1989」を求めたいのなら
「=YEAR(TODAY())-A1」
ではなく
「=YEAR(TODAY())-A1-1」
としてください。

>文書作成代行・DTPデータ作成サービス
>パソコン企業研修
>パソコン教室
>ホームページ更新サービス 
>パソコンの家庭教師BEST

ご質問や感想は上記からコメントをお願い致します

返信を残す