企業研修講師派遣のBESTグループ
出張パソコン教室ITスクール
webコンサルティングスクール
パソコンの家庭教師BEST

Home Excel(エクセル) AND演算・OR演算を演算子で行う|Excel(エクセル)

0 1367

Excelで論理演算は基本的には関数で行うのですが、演算子を使って論理演算を行うこともできます。

AND演算
「=IF(AND(B2>=80,C2>=80),”合格”,”不合格”)」

「=IF((B2>=80)*(C2>=80),”合格”,”不合格”)」
と書くことができ、

OR演算
「=IF(OR(B2>=80,C2>=80),”合格”,”不合格”)」

「=IF((B2>=80)+(C2>=80),”合格”,”不合格”)」
と書くことができるのです。

なぜAND演算が掛け算の演算子「*」でできて、OR演算が足し算の演算子「+」でできるのでしょう。

まず掛け算や足し算をする前の「B2>=80」「C2>=80」ですが、これはいずれも比較演算子を使った比較演算です。指定されたセルが80以上であれば「TRUE」、そうでなければ「FALSE」という値を返してきます。

掛け算・足し算でAND演算・OR演算ができることを理解するためには、その「TRUE」「FALSE」というのが、どういう値なのかを知っておく必要があります。

「=IF(D1,”真”,”偽”)」
という計算式をE1セルに入力して、D1に以下のような値を入力してみてください。
「TRUE」「FALSE」「0」「1」「2」

D1セルに「FALSE」「0」を入力したときだけE1セルに「偽」と表示され、その他の値の場合は「真」と表示されます。

Excelでは「FALSE」というのを数字で表すと「0」で、それ以外の値は「TRUE」として扱われているのです。

ここで算数を思い出してください。どんな数値でも「0」を掛け算したら必ず「0」になるということを。それを「FALSE」=「0」という考えで表現しなおせば、他の値が何であれ「FALSE」を掛け算したら必ず「FALSE」ということになります

ご質問や感想は上記からコメントをお願い致します