企業研修講師派遣のBESTグループ
出張パソコン教室ITスクール
webコンサルティングスクール
パソコンの家庭教師BEST

Home Excel(エクセル) 比較演算子とは?|Excel(エクセル)

0 1913

Excelに慣れた方にとっては特に目新しくもないネタだったはずですが、比較演算だけを行ったことがないという方は、この機会に比較演算を試してみて、比較演算子について理解を深めてください。

まずは、C1セルに「=A1=B1」と計算式を入力してから、A1セル・B1セルに数値を入力してみてください。この「=A1=B1」という計算式に違和感を覚えるという方は、比較演算を単独で行ったとがないはずです。

はじめの「=」は数式の先頭に必ず入力する「=」、「A1=B1」の「=」の方が比較演算子としての「=」で、同じ記号ですが意味するところは全く別モノです。

A1セルとB1セルが等しい場合にC1セルに「TRUE」と表示され、等しくない場合は「FALSE」と表示されるはずです。

そもそも演算子というのは実行する計算・演算の種類を指定する記号で、ヘルプによればExcelには、算術演算子・比較演算子・文字列演算子・参照演算子の4種類の演算子があります。そのうちの一つ比較演算子は、比較という演算・計算をするためのものです。

何の違和感もないはずの「=A1+B1」という計算式の「+」は、算術演算子の一つで右辺と左辺を加算した値を返すという演算を行う演算子なわけです。それと同

ご質問や感想は上記からコメントをお願い致します