企業研修講師派遣のBESTグループ
出張パソコン教室ITスクール
webコンサルティングスクール
パソコンの家庭教師BEST

Home Excel(エクセル)マクロ・VBA エクセル2007でステータスバーの表示/非表示-Application.DisplayStatusBar|Excel(エクセル)マクロ・VBA

2003までのExcelならば、メニュー[表示]-[ステータスバー]や、[オプション]ダイアログ-[表示]タブ-[表示]グループ-[ステータスバー]チェックボックスで、ステータスバーの表示・非表示を切り替えられました。

ところがExcel 2007ではそれに該当するオプション設定や、コマンドが見当たりません。

そのことに起因する疑問でしょう。

Excel 2007に限らず、Office 2007ではステータスバーの表示・非表示を切り替えるコマンドはなくなっているようです。

どうしてもステータスバーを非表示にしたいという場合は、VBA(Visual Basic for Applications)を利用してください。

▼操作手順:ステータスバーを非表示にする
[Alt]キー+[F11]キーを押してVBEを起動
 ↓
[Ctrl]キー+[G]キーを押して[イミディエイト]ウィンドウを表示
 ↓
[イミディエイト]ウィンドウに
 「Application.DisplayStatusBar = False」
  と入力して[Enter]キーを押す

「Application.CommandBars(“Status Bar”).Visible = False」
でもステータスバーを非表示にできますが、[イミディエイト]ウィンドウを利用する場合は上記の
「Application.DisplayStatusBar = False」
のほうが簡単でしょう。

ステータスバーが非表示になっているときに表示したいときは、
「Application.DisplayStatusBar = True」
「Application.CommandBars(“Status Bar”).Visible = True」
としてください。

Excelであえてステータスバーを非表示にしたいという場合、Excelで業務用アプリを作成しているような場合でしょう。その場合、業務用アプリを開いたときに実行されるAuto_Openマクロで
「Application.DisplayStatusBar = False」や
「Application.CommandBars(“Status Bar”).Visible = False」
を実行して、ファイルを閉じるときに実行されるAuto_Closeマクロで
「Application.DisplayStatusBar = True」
「Application.CommandBars(“Status Bar”).Visible = True」
を実行してステータスバーを表示状態に戻しておくのがいいんじゃないでしょうか。

>文書作成代行
>パソコン企業研修
>パソコン教室
>パソコン教室久喜市 
>パソコンの家庭教師BEST

類似の投稿記事を確認

ご質問や感想は上記からコメントをお願い致します

返信を残す