企業研修講師派遣のBESTグループ
出張パソコン教室ITスクール
webコンサルティングスクール
パソコンの家庭教師BEST

Home Excel(エクセル)マクロ・VBA 重複なしのデータ抽出(4)|エクセルVBA

Dictionaryを利用する

Dictionaryオブジェクトを利用します。
このページの中ではもっとも短時間で処理できます。
コード例
Sub myDic()
  Dim myDic As Object, myKey As Variant
  Dim c As Variant, varData As Variant
    Set myDic = CreateObject(“Scripting.Dictionary”)
    With Worksheets(“Sheet1″)
      varData = .Range(“A1″, .Range(“A” & Rows.Count).End(xlUp)).Value
    End With
    For Each c In varData
      If Not c = Empty Then
        If Not myDic.Exists(c) Then
          myDic.Add c, Null
        End If
      End If
    Next
    myKey = myDic.Keys
    With Worksheets(“Sheet2″)
      .Range(“G:G”).ClearContents
      .Range(“G1″).Resize(myDic.Count) = Application.WorksheetFunction.Transpose(myKey)
    End With
    Set myDic = Nothing
End Sub

>文書作成代行/データ入力代行サービス
>ワード・エクセル・マクロVBA・パワーポイント・アクセス企業パソコン研修
>出張パソコン教室ITスクール 
>パソコンの家庭教師BEST

類似の投稿記事を確認

ご質問や感想は上記からコメントをお願い致します

返信を残す