企業研修講師派遣のBESTグループ
出張パソコン教室ITスクール
webコンサルティングスクール
パソコンの家庭教師BEST

Home Excel(エクセル)マクロ・VBA ワークシートを相対参照する関数|マクロVBA

▼任意のワークシートのセルを参照するユーザー定義関数
Function RefSheet(objCell As Range, intRef As Integer) As Variant

 Application.Volatile
 RefSheet = Sheets(objCell.Parent.Index + intRef).Range(objCell.Address).Value

End Function

今回のユーザー定義関数では、どのセルを参照するのかと、どのワークシートを参照するのかを指定するために、引数は2つです。

1つ目の引数:objCellはセルを指定してください。
2つ目の引数:intRefはどのシートを参照するか整数で指定してください。

「-1」なら1つ左隣
「-2」なら2つ左隣
「1」なら1つ右隣
「2」なら2つ右隣
のシートを参照します。

objCell.Parent.Indexで、ユーザー定義関数:RefSheetを呼んでいるシートが何番目にあるかを取得できます

類似の投稿記事を確認

ご質問や感想は上記からコメントをお願い致します