企業研修講師派遣のBESTグループ
出張パソコン教室ITスクール
webコンサルティングスクール
パソコンの家庭教師BEST

Home Excel(エクセル)マクロ・VBA マクロの設定|エクセルVBA

セキュリティセンターのマクロの設定で設定が変更できます。
[開発]タブの[マクロのセキュリティ]を実行します。

「セキュリティの警告のオプション」の最下行にある「セキュリティセンターを開く」をクリックします。
Officeボタン→Excelのオプションの「セキュリティセンター」で「セキュリティセンターの設定」を実行します。

警告を表示せずにすべてのマクロを無効にする
すべてのマクロが無効にされ、セキュリティ警告も表示されません。
ただし、信頼できる場所にあるファイルは、セキュリティセンターのセキュリティ機能によるチェックを受けずに、実行されます。
常にマクロを有効にしてファイルを開きたいときには、この信頼できる場所にファイルを置いておくか、ファイルのある場所(フォルダ)を信頼できる場所に登録すればよいということになります。
信頼できる場所は同じセキュリティセンターダイアログの「信頼できる場所」で追加ができます。

警告を表示してすべてのマクロを無効にする:初期設定ではここにチェックが入っています。
マクロは無効にして、セキュリティ警告が表示されます。ここのオプションをクリックする

類似の投稿記事を確認

ご質問や感想は上記からコメントをお願い致します