企業研修講師派遣のBESTグループ
出張パソコン教室ITスクール
webコンサルティングスクール
パソコンの家庭教師BEST

Home Excel(エクセル)マクロ・VBA エクセルマクロを削除後、マクロがあるというメッセージが表示されてしまう…|Excel(エクセル)マクロ・VBA

Q:エクセルマクロを削除後、マクロがあるというメッセージが表示されてしまうので、表示させないようにする方法を教えてください。

エクセルで、マクロは削除した後に、このファイルを開こうとすると、メッセージが表示され「開こうとしたファイルにはマクロが設定されています」と出てくる場合があります。

マクロを削除したのに、なぜ?

こんな疑問をもったことはありませんか?

このメッセージを表示させないようにする方法について説明します。

まず、編集するファイルを開いてください。

「ツール」から「マクロ」→「Visual Vasic Editor」を選んでVBAエディタを表示させます。
(ALT+F11でも同じです)

このエディタ画面左側から「標準モジュール」をクリックすると、「Module1」という名前のマクロのが表示されます。

この「Module1」という標準モジュールが、前回記録したマクロの中身なので、これが削除されていなければ、マクロが設定されていることになるので、ファイルを開いたときにそのようにメッセージのダイアログボックスが表示されてしまうのです。

そこで、標準モジュールの左側の「+」をクリックしてください。すると標準モジュールが展開されます。

削除したいマクロ名(ここでは「Module1」)を右クリックすると、「Module1の解放」を実行することができます。

Module1の解放を選択すると、「エクスポートしますか?」と表示されますが、保存する必要がないなら、「いいえ」を選択すればOKです。

こうすると、マクロ本体が削除されるので、次からはファイルを開いたときのメッセージダイアログは表示されなくなります。

>パソコン教室 

>webデザインスクール

>楽天ネットショップ講座

>web関連企業パソコン研修 

>ホームページ更新サービス

>文書作成代行・DTPデータ作成サービス

>オフィスソフト企業パソコン研修

>動画の達人講座

>パソコン教室久喜

>会計ソフト(弥生会計・弥生給与)職業訓練集合研修

>講師派遣&パソコン研修~出張PC講師日記

>出張パソコン教室講師のひとりごと

>講師派遣出張パソコン教室講師のつぶやき

>講師派遣|社員研修・団体研修パソコン講師日記

>パソコンセミナー・パソコン講習会・講師派遣ブログ

>パソコン講師派遣・社員研修・団体研修|PC教室日記

>ITスクールQ&Aブログ

>講師派遣&パソコン研修ブログ

>講師派遣の出張パソコン教室ITスクールブログ

>出張パソコン教室ITスクールブログ

類似の投稿記事を確認

ご質問や感想は上記からコメントをお願い致します

返信を残す