企業研修講師派遣のBESTグループ
出張パソコン教室ITスクール
webコンサルティングスクール
パソコンの家庭教師BEST

Home Access(アクセス) リレーションシップの登録|アクセス2007

0 1271

Q:アクセス2007で、リレーションシップの登録をする方法を教えてください。

リレーションシップとは、個々のテーブルがどのように関わり合っているかを線をつないで、登録することによって作られます。
リレーションシップは登録しなくても、データとしては使えるのですが、必ず登録するようにしてください。データの矛盾を防ぐことができますし、クエリーを作るときにも解りやすいです。
何より、リレーショナルデータベースの特徴がここに集約されているのです。

「データベースツール」のリレーションシップを選んでください

白紙のウィンドが出ます。
メニューから-「デザイン」-「テーブルの表示」を選びます

ここで、すべてのテーブルを追加で、下のウインドに出します。

【例】勤務先番号を例にとって説明します。
勤務先番号を1クリックでドラッグしてもう一つの勤務先番号の上でドロップします(どちらからでもかまいません)

参照整合性にチェックを付けます。
「結合の種類」ボタンをクリック

データが1対1になる場合は、一番上になります。
「OK」ボタンで登録して、作成ボタンで、作成します。

このように、リレーションシップを登録します。

最後にウィンドを閉じて、リレーションシップのレイアウトの変更を登録して、終わりです

少し複雑かもしれませんが、重要な部分です。
作っているうちに、慣れてきま

すので、あまり難しく考えないでください。

フィールドの連鎖更新とフィールドの連鎖削除のついて、話をしておきます。
リレーショナルデータベースの場合、リレーションシップで登録しているコードが複雑な関係で、相互に影響をあたえます。
たとえば、片方のデータのコードを変更すると、相手に存在する同じコードも自動で変更してくれるのが連鎖更新です。一方のデータが削除された場合、その下に存在する、明細的なデータを自動で削除してくれるのが、連鎖削除です。連鎖削除の場合、連鎖データを削除していいかどうかの、確認画面が出てしまいます。

ただ、こういった重要なコード変更や削除はプログラマー自身がプログラムの中で、自分で管理しなければいけないものだと考えます。データベースに任せてしまうべきものではないのです。
したがって、サンプルプログラムでは、この機能は使いません。

>文書作成代行
>パソコン企業研修
>パソコン教室
>パソコン教室久喜市 
>パソコンの家庭教師BEST

zp8497586rq

ご質問や感想は上記からコメントをお願い致します