企業研修講師派遣のBESTグループ
出張パソコン教室ITスクール
webコンサルティングスクール
パソコンの家庭教師BEST

Home 業務効率化全般 office2010新機能紹介(20)Office 2010の進化ポイント「ビジュアル機能」 |office2010

0 968

Windows 7が登場して間もないが、今度は、Office

2010のベータ版が公開された。Windows Vistaの時には、Office 2007と同時に登場したので、ややタイミングは変わっている。

Office 2010は、仕事に使うためのアプリケーションなので、本連載のテーマとしても興味深いところだ。進化点は非常に多く、Web版のアプリケーションが用意されたり、共有機能や操作性も大きく変化している。そのあたりをまとめて取り上げようかとも考えたのだが、すでに各所で速報的に伝えられている。また、あらゆる新機能を取り上げていくと、とてもスペースが足りない。ということで、今回は、少し突っ込んだ部分をレビューしていくことにする。取り上げるのは、ビジュアル化に関するシンボリックな機能だ。

Microsoft Officeのバージョンが上がっても、文字ばかりの書類やシンプルな表を作るなら、前のバージョンとあまり変わらない。やはり、ビジュアルに富んだ資料を作ってこそ、最新バージョンの真価が発揮できるからだ。また、こちらもスペースの関係で、Excel 2010、Word 2010、PowerPoint 2010の3アプリに限定する。

まず、プログラムを横断して使える共通機能の進化をチェックしていく。最もわかりやすいのが、SmartArtの種類が増えたことだ。SmartArtは、すでにご存じのように簡単に手の込んだ図解を作成するツールだ。当然ながら種類が増えるほど、自分のイメージを忠実に見える化できるわけだ。

今回は、図解の種類が倍近くまで増えている。特に充実しているのが、写真を張り付けられるレイアウトで、まさにイマドキの書類作成に向いている。

SmartArtに写真を張り付けると、写真を選ぶだけで、図解の形の中にうまく収まってくれるのがうれしいところだ。

ただし、ちょっと残念なのが、色を変更したときに、図の色合いと文字色のバランスが悪く、見づらいケースが修正されていないことだ。例えば、黄色い図解で文字が白では、画面でも印刷しても見づらいのだ。もちろん、自分で個別に色を変えていくことも可能だが、それでは面倒だ。見づらい配色を使わないようにするか、文字の色を自動で変更するなど、一発で文句なしに仕上げてほしい。

>出張パソコン教室ITスクール 
>webコンサルティングスクール 
>パソコンの家庭教師BEST

zp8497586rq

ご質問や感想は上記からコメントをお願い致します