企業研修講師派遣のBESTグループ
出張パソコン教室ITスクール
webコンサルティングスクール
パソコンの家庭教師BEST

Home 業務効率化全般 office2010新機能紹介(19)OneNoteの改善 |office2010

0 1343

OneNoteは前バージョンではやや忘れられた存在だったが、これはOffice 2007の最下位と最上位のエディション(HomeおよびStudentエディションとUltimateエディション)にしか入っていなかったからかも知れない。ほとんどのOfficeユーザーが持っているのは、Standard、Small

Business、Professionalのいずれかのエディションだろう。Microsoftは明らかに、OneNoteをもっと露出させたいようだ。これまでに報じられているところでは、Office 2010ではWindows 7と同じパターンを踏襲するとされている。つまり、より高額なエディションには、それ「以下」のエディションに含まれているアプリケーションはすべて含まれているということだ。これは、OneNoteがOffice 2010のすべてのエディションに同梱されることを意味している。

ただし、OneNoteでは、デフォルトではリボンは最小化されている。これを最大化するには、ウィンドウ右上のヘルプアイコン(青いクエスチョンマーク)の近くにある小さな矢印をクリックすればよい。

新しいOneNoteには、複数人でのノートの同時編集機能に多くの改善が加えられている。他のユーザーが追加(あるいは変更)した新しいコンテンツは強調表示されるようになったため、どれが新しいものかをすぐに判断できるようになった。また、他の人によって書かれたコンテンツの作者を知らせるため、色を使った表示を行えるようになった。検索機能も強化されている。

もう1つの興味深い機能は、リンク付きのメモ作成だ。OneNoteをリンクモードにしておくと、取っているメモに自動的に見ているものがリンクされていく(ウェブページ、Wordのセクション、PowerPointのプレゼンテーションの特定のスライド)など。その後、OneNoteのリンクの上にカーソルを置くと、リンクされている資料のサムネイルが表示され、それをクリックすれば原本の資料が開かれる。

編集については、基本的なスタイルがサポートされるようになった。数式も追加することができ、外国語の単語の上にカーソルを置けば、ポップアップで母国語での意味が表示されるミニ翻訳機能もある。また、タブレットPCやタッチスクリーンPCでは、指によるスクロールや、ピンチによる拡大などのタッチ操作が利用できる。

>出張パソコン教室ITスクール 
>webコンサルティングスクール 

>パソコンの家庭教師BEST

zp8497586rq
zp8497586rq

ご質問や感想は上記からコメントをお願い致します