企業研修講師派遣のBESTグループ
出張パソコン教室ITスクール
webコンサルティングスクール
パソコンの家庭教師BEST

Home 業務効率化全般 一週間毎の日付を入力する-連続データの作成|Excel(エクセル)

0 1572

Q:Excel(エクセル)で、一週間毎の日付を、大量に入力する効率的な方法を教えてください。

データ量が少ない場合は、オートフィルで問題ありませんが、大量の一週間ごとのデータを作成するような場合、オートフィルだと結構面倒です。

大量の一週間ごとのデータを作成するような場合は、[連続データの作成]コマンドを利用するほうが便利じゃないかと私は思います。

▼操作手順:1週間毎の日付を入力する
※A1セルから縦方向に2010年4月1日から3年分の1週間毎の日付を入力する例

A1セルに「2010/4/1」と入力
 ↓
A1セルを選択した状態で[連続データ]ダイアログを表示
 ↓
[連続データ]ダイアログ-
 [範囲]欄で「列」を選択
 [種類]欄で「日付」を選択
 [増加単位]欄で「日」を選択
 [増分値]欄に「7」と入力
 [停止値]欄に「2013/3/31」と入力
して[OK]ボタンをクリック

[連続データ]ダイアログは、Excel cialis 2007の場合は[ホーム]タブ-[編集]グループ-[フィル]-[連続データの作成]から、2003までのExcelの場合はメニュー[編集]-[フィル]-[連続データの作成]から表示できます。

[連続データ]ダイアログは[OK]ボタンをクリックしてください。

設定箇所が複数ありますが、特に注意すべき点は、
 [範囲]欄で「列」を選択すること
 [増分値]欄に「7」と入力すること
 [停止値]欄に「2013/3/31」と入力すること
です。

[連続データ]ダイアログを使ったことがないという方は、これを機会に一度操作を確認してみてはいかがでしょう。

>出張パソコン教室ITスクール 
>webコンサルティングスクール
>楽天ネットショップ講座
>web関連企業パソコン研修 
>ホームページ更新サービス

zp8497586rq

ご質問や感想は上記からコメントをお願い致します