企業研修講師派遣のBESTグループ
出張パソコン教室ITスクール
webコンサルティングスクール
パソコンの家庭教師BEST

Home 業務効率化全般 レンズモード時のサイズ変更-拡大鏡のオプション|Windows7

0 1083

Windows

7の拡大鏡について、[Windows]+[+]キーで起動と拡大・[Windows]+[-]キーで縮小・[Windows]+[Esc]キーで終了できること、[Ctrl]+[Alt]+[D][F][L]キーで表示モードを変更できることをご紹介しました。

レンズモードのときに、拡大されている部分のサイズを変更するにはどうしたらいいのか戸惑う方は少なくないように感じますから、その方法をご紹介しておきます。

レンズモードのときには以下のような操作をすることで、大きく表示されている部分のサイズを変更できます。

▼操作手順:拡大鏡のレンズサイズを変更する
レンズ表示モードのときに
 [拡大鏡]ツールバー-[オプション]ボタンをクリック
 ↓
[拡大鏡のオプション]ダイアログ
 -[拡大鏡のレンズサイズ]欄でサイズを変更
 ↓
[拡大鏡のオプション]ダイアログ
 [OK]ボタンをクリック

[拡大鏡]ツールバー-[オプション]ボタンは、下図の赤枠で囲ったボタンです。

レンズ表示モードのときに[拡大鏡]ツールバー-[オプション]ボタンをクリックすると[拡大鏡のオプション]ダイアログが表示され、[拡大鏡のレンズサイズ]欄でサイズを変更できるというわけです。

注意すべきは、あくまでもレンズ表示モードのときに[拡大鏡のオプション]ダイアログを表示するという点です。他の表示モードのときに[拡大鏡のオプション]ダイアログを表示しても、[拡大鏡のレンズサイズ]欄は表示されませんので。。

Windows 7で拡大鏡をお使いの方は一度ご確認ください。

>出張パソコン教室ITスクール 
>webコンサルティングスクール
>楽天ネットショップ講座
>web関連企業パソコン研修 
>ホームページ更新サービス

ご質問や感想は上記からコメントをお願い致します

返信を残す