企業研修講師派遣のBESTグループ
出張パソコン教室ITスクール
webコンサルティングスクール
パソコンの家庭教師BEST

Home 業務効率化全般 オプションダイアログの表示を切り替える-Ctrl+Tabキー|Office2007/2010

0 1046

Office 2007やOffice 2010では、アプリケーションの動作を設定するオプションダイアログの形状が大きく変化しています。

•基本設定
•数式
•文章校正
•保存
•言語
•詳細設定
•リボンのユーザー設定
•クイックアクセスツールバー
•アドイン
•セキュリティセンター

をクリックすると表示が変化します。

この表示切り替えはキーボード操作でもできるのですが、意外とご存知ない方もいらっしゃるようなのでご紹介しておきます。

▼操作方

法:Office 2007・2010のオプションダイアログの表示を切り替える
[Ctrl]キー+[Tab]キー
 または
[Ctrl]キー+[Shift]キー+[Tab]キー
 を押す

[Ctrl]+[Tab]キーだと上のほうから下に向かって表示が切り替わり、[Ctrl]+[Shift]+[Tab]キーなら下から上に表示が切り替わります。

この操作、実は別にOffice2007・2010の[○○のオプション]ダイアログ固有の操作ではありません。

従来から、例えば[セルの書式]ダイアログのような、タブの複数存在するダイアログでタブの表示を切り替えるには[Ctrl]+[Tab]キーや[Ctrl]+[Shift]+[Tab]キーを利用していました。

Office

2007・2010の[○○のオプション]ダイアログの左に並んでいるのは、実は、ちょっと見た目の違うタブという位置づけなので、[Ctrl]+[Tab]キーや[Ctrl]+[Shift]+[Tab]キーで表示を切り替えられるのです。

>文書作成代行・DTPデータ作成サービス
>パソコン企業研修
>パソコン教室
>パソコン教室久喜市 
>パソコンの家庭教師BEST

ご質問や感想は上記からコメントをお願い致します

返信を残す