企業研修講師派遣のBESTグループ
出張パソコン教室ITスクール
webコンサルティングスクール
パソコンの家庭教師BEST

Home その他 Windows7で送る・SendToフォルダーは?|Windows7

Windowsエクスプローラーで、ファイル等を右クリックして表示されるショートカットメニューに、[送る]コマンドがあります。

「SendTo」というフォルダーがあって、そこにショートカットアイコンを作成しておくと、ショートカットメニュー[送る]コマンドにアイコンが追加されます。

同じ拡張子でも規定以外のアプリケーションで開く操作をよく行うような場合などに、「SendTo」フォルダーにショートカットをおいておくと結構便利です。

この「SendTo」フォルダーの場所は、XPとVistaとでは異なっています。

Windows 7の「SendTo」フォルダーの場所はVistaと同じですから、XPからWindows 7に乗り換えた方で[送る]を活用していた方は、「SendTo」フォルダ探すのに戸惑ってしまうんじゃないかと危惧しています。

[送る]コマンドを利用しているレベルの方なら、「SendTo」フォルダーをエクスプローラーで一生懸命探すよりも、[ファイル名を指定して実行]ダイアログを利用するほうが便利だと考えています。

▼操作手順:SendToフォルダーを開く
[Windows]キー+[R]キーを押す
 ↓
[ファイル名を指定して実行]ダイアログ-[名前]欄に
 「shell:sendto」と入力し[OK]ボタンを押す

上記の操作で簡単に「SendTo」フォルダーが開くことができます。

なおここで利用しているショートカットキー[Windows]+[R]は、Vista以前のWindowsと同様です。

[送る]コマンドを活用してらっしゃる方には、是非[ファイル名を指定して実行]ダイアログから「shell:sendto」で「SendTo」フォルダーを開く技もご利用いただきたいと思います。一度お試しください。

>出張パソコン教室ITスクール 
>webコンサルティングスクール
>楽天ネットショップ講座
>web関連企業パソコン研修 
>ホームページ更新サービス

ご質問や感想は上記からコメントをお願い致します

返信を残す