企業研修講師派遣のBESTグループ
出張パソコン教室ITスクール
webコンサルティングスクール
パソコンの家庭教師BEST

Home Excel(エクセル) Excel2007で自動バックアップをとる|Excel(エクセル)

Excelでは事前に設定変更をしておくことで、保存時に自動的にバックアップファイルを作成することができます。

この設定を、Excel 2007の場合にどこで行うのかを探している方の検索でしょう。

[名前を付けて保存]ダイアログの形状が2003までのExcelと変更になっているために、コマンドの場所を見つけられなかったのかもしれません。

▼操作手順:自動バックアップ作成を設定する
[Officeボタン]-[名前を付けて保存]をクリック
 ↓
[名前を付けて保存]ダイアログ
 -[ツール]ボタン
  -[全般オプション]をクリック
 ↓
[全般オプション]ダイアログ
 -[バックアップファイルを作成する]チェックボックスをOnにし
  [OK]ボタンをクリック
 ↓
[名前を付けて保存]ダイアログで、
 [保存先][ファイル名]を指定後[保存]ボタンをクリック

[名前を付けて保存]ダイアログの[ツール]ボタンの場所が、2003と2007とでは異なっていますが、操作手順自体は同じです。

Excel 2007の場合、[名前を付けて保存]ダイアログ-[ツール]ボタンは、ダイアログの右下に配置されています。

[保存]ボタンの近くに配置されていて、ユーザビリティ的には2003までよりも良くなっていると思うのですが、右上に[ツール]が配置されていた2003までの[名前を付けて保存]ダイアログをご存じの方が戸惑ってしまうことは、十分推測できます。(ユーザビリティ改善の難しいところですね。。)

2003までのExcelと同じく、上記の設定を行ったファイルは、上書き保存時に同じフォルダに「○○のバックアップ.xlk」といった名称のバックアップファイルが作成されます。

上書きしてしまったファイルを元に戻したいということがよくある、という方には設定しておくことをおすすめします。

>文書作成代行/データ入力代行サービス
>ワード・エクセル・マクロVBA・パワーポイント・アクセス企業パソコン研修
>出張パソコン教室ITスクール
>ホームページ更新サービス 
>パソコンの家庭教師BEST

ご質問や感想は上記からコメントをお願い致します

返信を残す