企業研修講師派遣のBESTグループ
出張パソコン教室ITスクール
webコンサルティングスクール
パソコンの家庭教師BEST

Home その他 エクスプローラーのアドレスバーを使って他のフォルダへ移動する|Windows7

Windows Vistaから、エクスプローラの[上へ]ボタンがなくなっていいること、アドレスバーを使って[上へ]ボタンと同様の操作ができることをご紹介しました。

アドレスバーは他にも便利な点がありますのでご紹介しておきます。

Windwos 7のエクプローラー、Vistaのエクスプローラでは、アドレスバーのクリック操作で、他のフォルダへ移動ができるようになっています。

アドレスバーのフォルダ名等の右側に表示されている[▼]ボタンを利用します。

▼操作手順:他のフォルダに移動する
フォルダ名等の右側の[▼]ボタンをクリック
 ↓
表示されたリストのフォルダをクリック

下図は、「C:\Program Files」フォルダにいるときに、Cドライブ直下の他のフォルダに移動しようとしている状態で、「ローカルディスク(C:)」の右に表示されている[▼]ボタンをクリックしたところです。

•IDE
•Intel
•PerfLogs
•Program Files
といったリストがドロップダウン表示されています。
このリストに表示されているのは「ローカルディスク(C:)」の下に存在しているフォルダ名です。

このリストから、例えば「Intel」を選択すれば「C:\Intel」フォルダに移動できるのです。

Windows XPのエクスプローラの[上へ]ボタンを使うなら、[上へ]ボタンで一旦上のフォルダに移動して、あらためて移動したいフォルダを選択するという操作が必要です。

それがアドレスバーを使うことで簡単になっています。

Windows 7に乗り換えた方、Vistaを使いながらこの機能をご存知なかった方は一度ご確認ください。

>文書作成代行
>パソコン企業研修
>パソコン教室
>パソコン教室久喜市 
>パソコンの家庭教師BEST

ご質問や感想は上記からコメントをお願い致します

返信を残す